結婚指輪の一般的な形


結婚指輪は、普段から常にはめておく人がほとんどです。
ですので、一般的には邪魔にならないシンプルなものが多いです。
また手の大きさや形、指の長さや節の大きさなどによって個人的に差があります。
実際にサンプルなどを付けてみて、
普段している手の動きなどの邪魔にならないか、確認してもいいでしょう。

また二人が同じ指輪をするのが一般的です。
しかし、動きや手によってデザインがあわない、
好みが合わないなどで別の指輪を購入するという珍しい例もあります。
それは結婚指輪といわないのではといえばそうではなく、
指輪の内側に見えない工夫するなどしてあります。

昔は本当にリングの指輪というだけでしたが、
今では一般的なただのリングよりも個性的なものを求める傾向にあります。
またそれだけデザインが増えたということです。
何よりもオーダーメイドで、自分たちだけの指輪まで作れる時代になったからでしょう。

みなさんがオーダーメイドで作ったという写真を見せていただいたのですが、
意味まであるのです。
合わせるとつながるとか、思い出が桜だから桜のデザインとか、
もうこれが「マリッジリング」ですか、というものまであります。

ですが皆さんのそれぞれの想いが、形になるなんて素敵なことだと思いました。
一般的なリングがシンプルで一番も個性なら、
こうして意味を込めるのもまた個性です。

結婚指輪には、二人が気にいれば規定なんかありません。
毎日付け続けるものです。
気にいったものが一番です。
ただ外さないからこそ、どんな洋服にもあうシンプルさなどは、
確かに求めやすい傾向にはあります。

宝石なども指輪の外側では当たるといけないと考えられて、
作られているものが多いです。

内側にはめ込みという形で付いているケースも今では珍しくなく、
ちょっとしたお洒落とされています。
こちらのサイトの、「婚約指輪『喜ばれるエンゲージリング』」のページも参考になりますのでご覧ください。

またスムーズな付けごこちには、内甲丸加工のリングが人気です。
つまり指輪の内側の角すなわちエッジを削れば、
指に食い込む不快感のないリングが出来あがります。
この形は結構好評で、気にいられる人たちが多いようです。