結婚指輪の歴史


まず生まれたのは、婚約指輪でした。
家同士の契約のしるしとして、男性の家から女性の家に贈られたのが始まりです。

それに影響を与えたのは、キリスト教です。
結婚に際し、神様に男女が誠実であること、
また自分の貞節も誓うという意味で、強固な印として鉄が用いられました。
指輪にしたのはリングとなっているために、永遠を示すことができるからとあります。

結婚指輪をはじめて結婚の証に使ったのは、9世紀ローマ教皇のニコラウス1世です。
1027年には「花婿は花嫁に金の指輪を、
花嫁は花婿に鉄の指輪を交換している」という記録が残っています。
だんだんと鉄から金に移っていったのは、金の方が価値が高いとされたからです。
13世紀には、ヨーロッパで結婚指輪を交換することが一般化されました。

それでは日本ではいつからなのでしょう。
日本は鎖国の影響から、指輪の概念自体がありませんでした。
ですので、指輪が登場するのも開国した明治時代からです。

しかし日本人の男性は、装飾品をつけるという考えが文化としてもありません。
また結婚式自体も現代でも、西洋風と神前式といわれるほどに違います。
結婚指輪は、なかなか定着しませんでした。

本格的に日本に広まったのは、戦後になってからです。
どんどんと西洋の文化が国内に広がって、生活自体も西洋に近づいてきました。

そのうちに結婚式自体も西洋の結婚式に近づくようになって、
初めて結婚指輪も定着していくようになりました。
昭和40年代になると、一気に受け入れられるようになります。
今では神前結婚した夫婦も、指輪をはめているのは当たり前です。

少し不思議に思ったのは何故、左手の薬指なのでしょう。
左手が右手よりも心臓に近く、
なかでも薬指が心臓につながっていると思われていた
そうです。

心臓の中に感情の中心が存在しているとされ、
これが愛に結びつき、左手に結婚指輪をはめたそうです。
他にも様々な説がありますが、この説が日本人的にはしっくりくる気がします。