意外と知らない結婚指輪の豆知識


婚約指輪と結婚指輪の意味の違いはみなさんもちろんご存じですよね。
どちらも大切なもので、特に女性は婚約指輪と
プロポーズを夢見る方が多いのではないでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪を購入すると計3つの指輪を購入することになります。
最近は結婚指輪はお互いからのプレゼントとして、
お金をだしあって購入する夫婦も多いようですが、
男性は結婚するにあたり準備するものが沢山ありますよね。

よく「婚約指輪は給料の3ヶ月分。」
なんてきいたことがありますよね。

一般的にはダイヤモンドが多いようですが、
決まりはないので誕生石であったり、好きな宝石を選んだり、
自由に選ぶことができますが、比較的高価なものになります。

現在は平均40万円代で給料3ヶ月分よりも低い価格が多いようです。
といっても高価なものですよね。

婚約指輪の他に結婚指輪を2つ購入する際、
結婚指輪も高価なものでなければなんて思ってはいませんか。

しかし、実際は婚約指輪よりも結婚指輪の方が低い価格のものが多いです。
婚約指輪の相場にも記載されていますが、
結婚指輪は結婚した後、日常に身につける方も多く、
宝石などもついていないシンプルなもので、
指輪の内側にお互いのイニシャルや、結婚した日付、
思い出の言葉などを刻んでもらうことが多いです。

男性でも、よく左薬指に指輪をしている方も多くいますが、
それが結婚指輪であり、仕事に行くときもつけている人も多く、
仕事場でつけても差し支えのないようにシンプルなデザインを選ぶようです。

プラチナや金でできたものが主流でしたが、
最近は小さな宝石をあしらったものや、
デザインにこだわっているものも増えてきているで、
お互いの結婚指輪を2つあわせることによって、
イニシャルが出てくるものなんかは
2人だけの秘密。という意味なんかもあり、絆も深まるようです。

ブランドの結婚指輪もあれば、
オーダーメイドで自分たちのデザインで2人だけの指輪を作ることもでき、
色々な種類があるので2人で話し合い、素敵な指輪を見つけましょう。