結婚指輪はつねにしていなくてはいけないの?


結婚指輪は、「これから新しい家族を作り、幸せになろうね」と言う、
気持ちを込めて新たなスタートとなる物であり、
結婚をしたという証にもなります。

結婚式では、自分達で選んだ指輪を、
親戚や友達の方々の前で交換するという素敵な瞬間もありますね。
その結婚指輪ですが、結婚後ずっと付けている人と、
結婚しているのに付けていない人がいますよね。
結婚指輪は、ずっとしておくべきなのでしょうか。

つねに結婚指輪をしておく意味について考えていきましょう。
結婚指輪をしていると、結婚をしているのだと周りから見てすぐにわかります。
結婚指輪をしている人を見ると、最初から恋愛対象に入らなかったりします。
自分の夫や妻が結婚指輪をつねにしていることで、浮気の心配が少し減りますね。

逆に、結婚指輪をしていないと、
浮気をしたいからつけていないのではないかと悪い想像をしてしまったり、
不安を抱いてしまうことがありますよね。

では、結婚指輪を絶対につけ続ける必要があるのかと言えば、それは環境にもよります。
例えば、指輪が傷つくような仕事をしている人が、
つねに指輪をつけていると、せっかくの指輪がボロボロになってしまいます。
結婚指輪をしていると危ないため、禁止の職業もあるので、
そういう時は外して仕事をしましょう。

行き帰りだけ指輪をして、働いてる時だけ外すこともできます。
毎日仕事をしているのに、
はめたり外したりしているとなくしてしまう可能性があります。
普段は家に置いておき、休みの日やプライベートの時だけ付けるのも良いですね。

結婚指輪を付けてすぐは、指に違和感を感じることがあります。
しかしずっと付けていると、はめていることを忘れるぐらい指に馴染むものです。
指輪を付けていても差し支えのない生活をしている時は、
せっかく2人で最初に選んだ指輪なのでつねに付けておくことをお勧めします。

しかし、夫婦間でお互い付けないと決めた時には、無理して付ける必要はありません。
指輪は絶対につけないといけない物ではありません。
つねに指輪をしないといけないのかというのは、他人の意見ではなく気持ちの問題です。
自分の気持ちを夫婦で話し合って決めるのが一番ですね。
こちらに婚約指輪以外の贈り物について解説しています。ご覧になってみてください。