ダイヤモンドの4Cとは?


ダイヤモンドの品質などを評価する4つの基準が4Cです。
4Cとは、4つの要素を表します。

Cutとはカットされた形です。
ダイヤモンドの美しさの中で人間がもっとも関与する部分であり、
他のCにも影響を及ぼします。
したがってカットするカッターは、
最も価値のある特徴が組み合わさるようにカットするという精巧さを要求されます。

カットされた評価は、メイクで決まります。
まずはメイクの一つであるプロポーションは、
カット石の魅力を引き出す鍵ともいわれています。

研磨面の寸法と角度の関係が、白色光の内部と外部からの反射、
スペクトルカラーの反射、動きに関する反射など、
ダイヤモンドの外観上の美しさを引き出すのに重要な要素となります。
またもう一つのフィニッシュは、いかに丁寧かつ、慎重に
最終的な仕上げをおこなったかの結果となります。

Colorとはダイヤモンドの色です。
ダイヤモンドは特別でない限り無色と思われる人が多いのですが、
逆にダイヤモンドには全ての色が揃っています。

ブルーダイヤモンドやピンクダイヤモンドなどがよい例で、
これらはファンシーカラーと呼ばれています。
ちなみにこれらはダイヤモンドでありながらカラーストーンと同じく、
色の深さや鮮やかさによって評価されます。

またそういった特別な色以外ですと、
無色のものがもっとも高い評価を受けます。
本当に微妙な色の差のために、
プロでも並べて比べて見ることがほとんどなほどです。

Clarityとは内包物や表面上の特徴がある場合、
透明度にどの程度の影響を与えているのかの評価です。
自然が作りだすものなので、純粋で完全なものはあまり期待されません。
まれに該当するものがあり、
これは「フローレンス(無傷)」と呼ばれ、とても高い評価を受けます。

Caratは大きさではなく、重量を表します。
1カラットは0.2gのために、5カラットで1gになります。
重量が増えるほど価値も値段も増えます。

これらが4つの項目を総合して、ダイヤモンドの価値は決まるのです。